忍者ブログ

80年代からのレトロゲー(PC88・FC・SFC・PCEその他色々)について、管理人が心の扉(ナイトヘッド)をこじ開けて、記憶を頼りにつらつら綴るブログ。たまに最近のゲームもするが流行とは無縁なご様子。いつも地下迷宮をさまよえるオランダ人のごとくふらふらするゲームが趣味つーか生業。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

HDDのバックアップから発掘された大昔のレビューを当時のまま載せるとあまりにも毒々しく痛々しかったので大幅に修正してうpします。文章も色々R18っぽくなったので(人道的な意味で)未成年は見ないほうがいいよ!

突込みどころ満載。有る意味ネタばれ・攻略記事みたいです。もしコレからやるという人はあえて読んだ方がいいです。でもこのブログのことなのでやっぱり役立たず。

「ある町にあるという飲めば世界中の女の子を自由に出来る『禁断のジュース』(何それ)を手に入れるべく主人公が町で大暴れ!」

あらすじだけ見ると「ポップレモン」に似てますね。あっちより難易度は低かった気がします。そんなジュース造ったらノーベル賞ものですお(*´Д`)ハァハァ!

システム形式はコマンド選択。オールカタカナ表示ですが。

1987年にそのシステムはいささか時代的にアレかと…読みにくい。絵はかわいいですよ!80年代のろりブームが好きな人にはたまらない感じです。(原画の方は今でも現役の方で検索するとサイトが見つかります。サイトにはメロンソーダの線画もあったはず)*ぐぐったら原画集がDL販売されてました

コマンドもやっぱり『オカス』。やる気満々です。…何を?

というか「蹴る」コマンドすげえ気になるんですけど。

な、何に使うんだろう…(;´Д`)<美少女ゲームだよねこれ?

ゲーム進行。まずスタート地点。電柱があるくらいで特に目に付くもの無し。しかし1画面ごとに必ずやるべきことが潜んでいるのでうっかり進むと即ハマリという恐ろしいゲームです。

といっても回りに女の子もいないよね~といろいろコマンドを試すと独り言が。

「ワタシハヘンタイデス」

うわ!白昼堂々カミングアウト?!誰に!Σ(´∀`;)

気を取り直して残るは『蹴る』コマンド。なんと!電柱を蹴り倒すと空からロープが!!(なんで?)

そうか…このコマンドはこうやって使うのか…ε-(´∀`*)ホッ

アイテムゲットでとりあえず進む。この後おまわりさんにお金を届けたり、薬屋の自販を蹴飛ばしてコンドームを手に入れたり(窃盗じゃん)、薬屋の女の子を襲ったり、町の荒くれ者っぷりを発揮。

だが、荒くれ者にも遂にライバル出現!!

道を塞いでスケ番が。剃刀持って。
『金を出せ』と。

前述のアイテム(空からロープ)を持ってないとゲームオーバーですが、ロープもそのままでは使えない…どうする荒くれ者?!(ドラクエに出てくる荒くれのイメージで)

そうだ!何か敵の気をそらせばいいんだ!どうしようかな・・う~ん、う~ん・・。

と思ったらスケ番に『蹴る』コマンド。

やっぱり人にも使うのかああ!!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

ひるんだその隙にロープでぐるぐる巻き!!もちろんこの後は(ry

まさに外道。

で、このあともめくるめく官能的体験が続々と続くわけで。(例:体育倉庫で少女をベルトで鞭打ち。)(特に理由はない)

画面にいきなり女の子が現れてサクサクと事が運んでいきます。お手軽に。

もう禁断のジュースなんていらないのでは?

それで、『禁断のジュース』とはなんぞや?という話ですが、ある女の子が持ってます。その辺はやっぱりポップレモンと同じノリで。さすがに中身書いちゃうとネタばれ(今更)し過ぎだしな~と思うんで伏せときますが「特にこの子のじゃなくても」と思ったりしたりだな…(遠い目)

PR

◎ ブログ内検索
◎ カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
◎ プロフィール
HN:
アパラ
性別:
非公開
職業:
デビルサマナー
趣味:
地下迷宮巡り
自己紹介:
ゲーム歴はFC・SFC・PC88・PCエンジン・セガサターン・PS・PS2・DS辺り。

好きなゲームは家庭用:メガテン(ペルソナ除く)・Wiz(1~6)・BUSIN・エルミナージュ・世界樹の迷宮の各シリーズ。PCはジーザスとかラストハルマゲドンとか聖女ぱにっくとか。

ストーリーよりシステム重視の漢なゲームが好き。火中の栗を拾うようなバカゲーもマゾゲーも好物です。フリーゲームだとアンディーメンテが好き。

ちなみにゲームの腕自体は赤子以下。

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]