忍者ブログ

80年代からのレトロゲー(PC88・FC・SFC・PCEその他色々)について、管理人が心の扉(ナイトヘッド)をこじ開けて、記憶を頼りにつらつら綴るブログ。たまに最近のゲームもするが流行とは無縁なご様子。いつも地下迷宮をさまよえるオランダ人のごとくふらふらするゲームが趣味つーか生業。

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あまりにも放置しすぎて広告出っ放しなのでブログ書きます。

今回はエロくないです。デウリング、「吸血鬼にさらわれた恩師の娘であるガールフレンドを助けに魔物たちの館に単身乗り込む」ホラー物です。凝ったオープニングに、やけに怖い効果音、おどろおどろしく描き込まれたCG、変身のアニメーション。どれをとっても「クオリティ高い(当時比)」と思いました。プレイしたの平成ですが全然見劣りしてない。

ぶっちゃけプレイ動画を最近見つけましたので実際に見ていただくのが手っ取り場合かと。

冒頭の門番との犬のフンでの茶番はさておき、狼男の変身シーンとかやばくないですか?モンスターの書き込みとかミイラ男の指が動くのとか怖くないですか?戸棚かどっかに隠れてミイラ男が通り過ぎるの待ってるのも結構ビクビクでしたよ!!あと台所の豚コックの包丁研ぐ音が怖くないすか?豚自体はむかつくんですけど。むしろお前がディナーになるべき。

モンスターの渾身の描き込みの割にヒロインがイマイチかわいくな(自粛)

ホラーADVですが随所にギャグとか入れてきては怖さを和らげてくれますが、その辺は正直要らなかったかなーと思います。基本コマンド選択アドベンチャーですが随所随所に正確な解答入力が求められるのでメモとかちゃんと取らないと詰みます。ただでさえ余計な横道が色々あってすぐゲームオーバーになるので。あと年齢を求められるシーンで未成年だとアウトですし、童貞でもダメという厳しさが。

世間が童貞に厳しいのは古代からの風習のようです。

紆余曲折謎を解いて吸血鬼とヒロインの元にたどり着くも、最終決戦がランダムゲームという点だけはシステム的に嘘だといってよバーニィ!!と思いましたよ。

EDもマルチでトゥルーエンドを見るのはなかなか骨ですが、ハロウィンの季節・秋の夜長にはもってこいのゲーム。プレイは今では無理ですがプレイ動画で当時の怖さを味わってみてはどうでしょうか。ゲームブックがお好きな方にもおススメ。

私はアイテム選択間違えて何度もえらい目に遭いました。頑張っても最終決戦でカードに負けたらパアですからね。

あ、今回真面目すぎたな。

PR

あけましておめでとうございます。去年最後もPSKでしたが今年もPSKで明けます。今年も思い出したようにゆるゆると誰得ブログを更新する予定ですので、ひとつよろしう。

新年挨拶はいいとして、事件事件!(電気の卓球ボイスで)あまりのダークさと難易度に挫折したPSKの医療系ADVゲーム『ザ・病院』が、けんおう様の手によってまさかのリメイク制作中!(iOS版) とのことですよ!!

当時の高難易度のオリジナル版からプレイしやすいユーザーフレンドリーな仕様になるそうです。これはレトロPCユーザーは全裸待機!

スマホのアプリとして製作されてるそうなので、ガラケー管理人は今のところプレイできないのですが将来的にPC版もでると嬉しいな~(/ω・\)チラッ

けんおう様のツイッター@yswgt879で開発状況を見られるのでみんなもチェックしよう!

ちなみにPSK作品でもエロゲーじゃないから、いつものPSKのノリを期待してプレイするとビックリします。アパラさんも以前プレイしましたが速攻挫折したこれから出るソフトなのでレビューは控えさせていただきます。

じゃ、また。次回はネットでググってもさっぱり情報がない、「ローズポーション」と言うゲームについて書こうと思ってます。主人公が女体化するゲームなので紹介したいところ。一生懸命今思い出し中(ノ∀`)タハー

あっぷるくらぶのときに「次は殺しのドレス」とか言ってて、全然書いてないことを思い出したので、今回は久々の一般ゲームであるコレで行きます。フェアリーテール製作の本格的サスペンスドラマ「殺しのドレス」!

一応サスペンス物なのでネタバレ回避に畳んでおきます。

私が今までやったゲームで一番素晴らしいと思うゲームのオープニングというとラストハルマゲドン(PC88版)です。どんな感じなのかというと見てもらったほうが早いので動画貼っとく。ストーリーはここからどぞ。



ね?燃えませんか?やりたくなりませんか本編を!

FD2枚を惜しげもなく使ったアニメ盛りだくさん(当時比)のオープニング!RPGの悪役モンスターたちが主人公という設定が燃える!しかも戦う相手は人間ではなくエイリアン★プレイヤーに創造力とやる気を喚起させるストーリー!はじめて見た時は幼心に震えるものがありました。

生涯見たゲームのOPの中で未だにこれを越えるものを見てません。(まああんまり最近のゲームしないってのもあるかもだが)

で、肝心の中身はというと…えーと、次回に続くよ!。゚+.(・∀・)゚+.゚

ファミコンでジャレコ(忍者君)が作った激ムズの方ではなくパソコン版のADV。(こんなん先に作るから「めぞん」と違ってファミコン版の移植がなかったんだな)画像はここで見られます。

マイクロキャビンの漫画ゲーム化物の1つ。ストーリーは原作にはない完全オリジナルストーリーです。

ワタクシとしてはコマンド選択だし、CGも割ときれいだと思うし、キャラ物としてはまあまあ(同社のめぞん一刻はひどかった)だと思うし、つっこみをしたいのは山々ですが今回はあんまりないかも・・。

だって原作自体がは(いい意味で)ちゃめちゃでつっこみようないし(ノ∀`)タハー

話は「面倒家のあほみたいに広い敷地を使って了子の誕生会を開くことになりました。しかし会場までは数々のトラップが仕掛けられており(この時点でパーティーとして間違ってます)一筋縄では行きません。あたるは賞品の「了子のステディ」を狙ってラムと二人で挑んだのでした。」

てな感じであとはもう他のキャラも入り乱れての混戦が。っていうかはまり多くないか。

・スタート地点で間違って南に行くといきなり失格。
・アイテムの使い方を間違うとはまり。(しかも気づかず先に進むからどつぼ)
・トラップがとにかく多い。
・隠れキャラがいる。(これが発見できずに随分はまった)

隠れキャラなんて出し方わかんねーよ!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

「山下章のレスキューADV」(だっけ?)の本に随分お世話になりながらクリア。マップなきゃ解けません・・。

キャラ物としては結構いいものだと思いますが難易度が高い気がするのは
私だけ?で、ちなみにマルチエンディングですが上記のような理由で一回しか解いてません。根気ないです。はい。

うる星は好きだし、やってて楽しいけどちょっとやり直すのはな~。今もう一回やれといわれると・・・う~ん。

でも「めぞん一刻」よりは全然よかったですよ。(めぞんの続編作るならうる星やればよかったのに・・)

◎ ブログ内検索
◎ カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ プロフィール
HN:
アパラ
性別:
非公開
職業:
デビルサマナー
趣味:
地下迷宮巡り
自己紹介:
ゲーム歴はFC・SFC・PC88・PCエンジン・セガサターン・PS・PS2・DS辺り。

好きなゲームは家庭用:メガテン(ペルソナ除く)・Wiz(1~6)・BUSIN・エルミナージュ・世界樹の迷宮の各シリーズ。PCはジーザスとかラストハルマゲドンとか聖女ぱにっくとか。

ストーリーよりシステム重視の漢なゲームが好き。火中の栗を拾うようなバカゲーもマゾゲーも好物です。フリーゲームだとアンディーメンテが好き。

ちなみにゲームの腕自体は赤子以下。

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]